海外はどう?

目標だった海外にでて生活習慣・文化の違い、出来事、発見、気づき、出会いなど、日々のことを書きます。参考にして下さい。 2016年11月からスリランカに移住。

2017年03月

社名:MAS(Multidimensional Aspirations for Students) (pvt) Ltd
 
業種:日本語学校運営・移民・教育

所在地:Negombo (ネゴンボ)

職種:日本語講師

勤務地:ネゴンボ 他4都市(出張有)

勤務開始月:2017年4月

担当:鎌田博充 (HIROMITSU KAMADA)

e-mail:hkkamkam@gmail.com

web : http://www.mastofuture.com/

人数:若干名
募集条件
・日本人
・20歳以上女性
・若干の英語力
・1年勤務できる方(長期勤務可)
・平成27年4月スリランカに渡航できる方

応募/問い合わせ
 Facebook messenger または e-mail にお問い合わせ下さい。
   
待遇:7万ルピー / 月 ・ビザ・社宅提供・往復渡航費

 
担当者 鎌田から

日本語講師になりたい、やりたい方は結構います。
ただどこも講師資格や条件があります。
今回の募集条件はかなり緩いです。なぜなら、私たちが日本語講師になるために必要なことをお教えできるからです。
またスリランカは準英語圏ですので英語力がUPします。
私は英語力ゼロでしたがこの1ヶ月でなんとかなるレベルになってます。
また物価が安いですから節約すると月5万ルピー(1ルピー = 1.3円)は残せます。
ただせっかくの異国での滞在ですから、観光、食事、アーユルヴェーダや世界遺産巡りなど楽しんだらいいと思います。
もしスリランカが住みやすければビザの更新もできます。
私はそのまま定住→移住します。そんな話もたくさんしたいですね。
まずは海外生活をスタートしてみませんか?

スリランカで一緒に仕事しませんか!

海外生活をしてみたい。
海外移住をしてみたい。
英語力を身につけたい。
とにかく日本を出たい。

理由はいろいろあると思います。

でも海外に出るにしてもどこの国に行ったらいいのか?
行っても住むところは?

そして問題は旅行者だと滞在期間が決められている。当然、仕事が出来ない。

今回私が一番考えたのはビザの問題です。

移住目的の渡航でしたから、滞在ビザが取得できて生活ができるところが必要でした。

そして収入です。

どんなに所持金があっても、使えば減ります。

収入があれば、所持金は減らないどころか増える場合もあります。

そしてもう一つ。
現地でのサポート。
これがあるととても違います。

以前住んでいたタイ・バンコクでは日本人お友達がいろいろ教えてくれて、随分助かりました。

ここスリランカでは、そんな日本人友達はいなかったです。

ただ、日本語講師が入り口で渡航しましたので、日本語を話せるスリランカ人がいたことは少しは救いでした。

今回の現地サポートは私と会社がいたします。これでかなり現地での生活スタートがかなり違います。

多分、海外生活を真剣に考えたことのある人でしたら、今回の内容がどのくらい簡単にスタートできるのか、わかると思います。

そんなこなんで今回は当社で日本語講師をしている日本の女性講師が4月に満期帰国します。

現在は縁故での日本語講師探しをしていましたが、あと半月で4月なのに後任の日本語講師がまだ決まっていません。

まじですか!?です。

なので日本語講師の公募いたします。

採用条件は縁故採用と同条件といたします。

詳細は次のブログ記事に後ほど投稿いたします。

このページのトップヘ