海外はどう?

目標だった海外にでて生活習慣・文化の違い、出来事、発見、気づき、出会いなど、日々のことを書きます。参考にして下さい。 2016年11月からスリランカに移住。

2016年12月

  短期間の滞在で日本からの電気製品を使うときに用意するのは「海外旅行用コンセント変換アダプター」だけでしょうか。
image

 ここスリランカでは延長コードも必要になります。

どうしてかは今回、宿泊したホテルの出来事をはなします。
 初めてスリランカに来て泊まったのが、ベター地区にある1泊五千円のホテルです。

コロンボ中心部のフォートまで500mで便利な場所にあるホテルです。

ホテルサイト評価は4以上です。

 深夜便の到着でホテルまで自力で行くには自信はありませんでした。国際空港までの迎えがあるので選びました。

 そこに泊まったときなんですが、入室してすぐしたことは、コンセントさがしです。
ところが、使える空コンセントがなかったことなんです。

どこをさがしても空きのコンセントが、無いんです。

浴室にも、部屋にもです。
通常考えられませんよね。

さすがにホテルをきめるときに、予備コンセントの確認はしないでしょう。

ですがここスリランカのホテルでは、これがありなんだと思いました。

次に考えますよね。
携帯バッテリーとスマホの充電は必須なんだと。

フロントにお願いしても長時間の上、紛失の場合請求は面倒だし。

ですがこんなホテルでもTVと冷蔵庫用のコンセントはあります。

さすがに冷蔵庫は使うしコンセントも奥まったところで断念。

つぎにTVコンセントです。
これをみたとき『マジ!!』です。
壁掛
TVでコンセントが天井近くあるんです。
イスがひつような高さですよ。

こんなとき変換アダプターだと機器吊るして1台のみの充電です。
image
落下したら
OUTです。
こんなときに延長コードがあると助かります。
3〜5口だと同時に携帯バッテリ・スマホ・ノート
PC・電子蚊取り器が使えて便利です。

 

カバンに余裕がありましたら延長コードいれておいて下さい。

驚きの画像。
image


気持ち悪いです。

蚊は敵なのでついつい叩き潰したくなります。

バス内にいた蚊を潰したら、血がべっとり!

焦ります。満腹蚊から血!

ハンカチで拭きたくもないし、ティッシュで拭いても綺麗に取れず。

ウェットティッシュでなんとか拭きとり出来ました。

ああ、気持ち悪い。

蚊はどこでもいます。


自宅では、

【予防】
・蚊取り線香3箇所
・電子蚊取り2箇所
・蚊取りスプレー
・蚊よけスキンスプレー(タイ購入) 
・蚊帳

image


蚊帳が最強の予防

image



とにかく刺されると痒すぎですからね。
靴ひも縛っている間に刺されました。(頭。髪がないので無防備)
image



【対処】 
ウナコーワα 

ウナコーワαかゆみ止めにはありがたいです。 これは日本からもって来たものですが、在庫が欲しいです。


室内が暑くても長ズボンにソックス、上半身には扇風機の風で蚊を寄せ付けないようにしてます。

※ホテルに宿泊の際も電子蚊取りは持参して行きます。

※渡航の際はウナコーアα持参して下さい。

※宿泊先でも電子蚊取りを是非ご使用下さい。 


通常の旅行では気にならない、航空会社での航空券発行作業。
これが、長期滞在しようと片道航空券で渡航しようとすると、航空カウンターでこんなことがあります。


blog air_cunter


航空会社「帰りの航空券はお持ちですか」
 
「ありません。」

航空会社「決まりまので、帰り(出国)の航空券がないと搭乗できません。」


だいたいこんな感じです。


なぜかというと、入国時に出国する航空券等が必要となっております。

この規定を航空会社では確認しています。

事前ビザ(査証)が必要な場合も印刷したもので確認もされます。


※渡航先の入国時には帰りの航空券の確認、ビザの書類提示もありません。
※タイの日本大使館では、日本人は片道チケットでも入国できると言います。

ですが、搭乗が出来ません



事前情報でビザ(事前にオンラインで申請済)の提示はないと確認していて、印刷しないでいると、


航空会社「紙で必要です。」

「スマートフォンの中に内容あります」

航空会社「紙でお願いします。」 

印刷手段がない場合どうするの?ですよね。👈注意です。


思いました。なぜ入国時帰りの航空券の確認がないのか、それは、航空会社が搭乗前に確認しているからだと!

であれば! 

長期滞在の場合

帰りのチケットは捨ててもいいものを用意する💡

タイへの渡航を

新千歳  → バンコク (タイ国際航空)  

バンコク → クアランプール (AirAsia)

これだとタイを出国できる航空券を用意できたことになります。
この時のAirAsiaの航空券代は三千円でした。 

(おわり)

3
以前から行きたかった、スリランカ🇱🇰に来れた。

渡航して1ヶ月。

慣れてはきた。

まず日常生活はまずは落ち着いた感じ。

👉渡航して思ったこと。

日本人向けにびっくりするくらい高額の賃貸物件が案内されている。

治安が良く一人歩きもできるので、夜道が暗いところに住んでいる。
今まで危険を感じた事はない。
ただコロンボ市内は身の回り品には注意した方がいい。 

エアコンが無いところが多く、扇風機で暑さをしのぐが、30℃でも慣れてきた。

水が飲めるのはありがたい。

自動車が日本の3倍 

タイより生活費が安く済む。



【住まい】
コロンボ(スリランカで一番大きな都市)から東に15KMカラルゴダに居住(26年11月〜27年1月末)
戸建て1LDKの広い造り。
天井無しの屋根が見え、外とOPENなつくり
そのため、こんな南国でも朝方はさすがに寒い

大体の建物はエアコン無、温水無、トイレットペーパー無です。
エアコン・温水無しは慣れても、トイレットペーパーは持参してます。

周りには自然が多く残っており、大きな木や小動物(猿・リス・小鳥)、ヤモリ、蚊がよく出没。
蚊は小さくても強力でメッチャ痒く、警戒してもよく刺される。
現地でも人気な蚊取り線香"NINJA"と蚊帳が活躍(子供の頃以来)


自宅

屋根

自宅周り

蚊帳


【食事】

朝:フルーツ:パパイヤ・バナナ
昼:カレー :たくさんのルーがあり飽きずに食べられる
夜:玄米食 :現地には無いのでタイから調達 

さすが南国フルーツはたくさんある。

そのなかでもお買い得なパパイヤをよく食べてるかな。

パパイヤ

カレー


【交通手段】
鉄道:コロンボまで1時間  運賃15円 
バス:コロンボまで1.5時間 運賃30円
スリーウィーラー(トウクトウク):初乗りで40円0.9KM
UBER(自動車配車WEB):コロンボまで650円 50KM先の国際空港までは2500円

使うのは上記の4つ
初めは移動方法わからないのでUBERをつかってたが、今はトウクトウク、バス、鉄道を利用。

鉄道

バス

スリーウィーラー


 

このページのトップヘ